Linuxからアホ話まで、何でもありでござる

2017年06月14日

とりあえず勝ち点1追加 

[決めてくれ~~]
昨日のイラク戦は、後半途中のドタバタで1-1の引き分けに終わった。元気だった井手口が頭をぶつけて交代してしまったあたりから一気に雲行きがおかしくなる。交代カードで言えば、原口より久保じゃね?とか思っていたが、その予感は見事にあたり久保は途中から足がつってパワー半減である。更には酒井までエネルギー切れ(怪我かと思ったがそうではなかった模様)で交代と、内情は超ガタガタであった。

途中までは良かったのだ。全く試したことのないような布陣ながら、それなりに機能しているように見えた。特に驚いたのが遠藤と井手口で、見ていても違和感がさほどなかった。

逆に残念だったのが本田で、なんだかあれこれ物申しているようだが物申す前に「お前がもっと引っ張んなきゃ駄目だろ!」と言いたい。いや、別に出来は悪くはないんだよ。だけど、「さすが!」でもなかった。もう代表に本田ブランドはなくなっていると理解していないのが寂しい。長友もいまいちだったし。若いやつがガンガン出来るようサポートするのがベテランなんじゃねーの?それを若い奴に苦言を呈してどうするんだよ。自分の力量不足だと思えよ恥ずかしい。

久保は瞬発力があるぶん、どうしても途中で息切れしてしまう。守備に割く労力が減ればより活躍できるだろうが、現状の代表ではフルタイムの活躍は少々厳しいかもしれん。

まぁ、途中から「負けてもおかしくないよね」だったので、勝ち点1は良しとしなければならない。点を取られたボーンヘッドも、長い予選の間には必ず起こることだ。

気になるのは、オーストラリアがコンフェデレーションズカップに出場することである。強豪と戦い、今よりチーム力を上げてくる可能性が高い。日本が万全の体制なら負けることはないだろうが、万全の体制とはいい難い。更には、気負いすぎてしまったり大声援で選手の意思疎通がしにくくなりがちなホームであることもディスアドバンテージだ。ドライに考えれば、少々相性の悪いオーストラリアは負けない試合で勝ち点を稼ぎ、サウジを確実に叩いたほうがいい。

Aグループも韓国が3位になる可能性が出てきたのでプレーオフには回りたくないが、本戦のことを考えた場合、プレーオフで超真剣勝負をこなしたほうがチームにとっては良い効果がでるかもしれん、怖いけど。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 2017年06月14日 22:00:00



コメント

コメントはありません

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このエントリのTrackBack URL
http://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=4986
言及リンクが無い場合は掲載されません。

コメントする