Linuxからアホ話まで、何でもありでござる

2017年03月14日

口直しにゴジラ(1984年)を観た 

[おやじのみた映画]
先日見たゴジラ FINAL WARSがあまりの酷さだったので、口直しにゴジラ(1984年)を観た。



こちらはゴジラvs人間という構図で、比較的俺好みに作られていた。ダンジョーがめちゃ若いとか沢口靖子が可愛すぎるとか、30年以上前なのに東京のオフィスはすでに今っぽいなーとか、余計なことも頭によぎる。スーパーXとか核弾頭とかのあたりから、一気に話が現実離れしてしまっているのが残念。

こういう怪獣映画には、強烈な絶望感がないと物語がチープになってしまうように思う。圧倒的な力の差を見せつけるゴジラに対し、為す術もない人間という構図が絶対に必要だ。そんな中、一筋の希望を辿りつつ対抗する人間。しかし、そんな努力も、圧倒的なパワーを持つゴジラには全く通用しない。そんな絵が見たいのだ。

この映画は、ゴジラ FINAL WARSよりはそういう要素があったが、まだまだ不足しているのが残念だった。いや、面白かったんだよ、だけど少々物足りなかったなーと。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 2017年03月14日 22:00:00



コメント

コメントはありません

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このエントリのTrackBack URL
http://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=4935
言及リンクが無い場合は掲載されません。

コメントする