Linuxからアホ話まで、何でもありでござる

2011年02月10日

最低賃金が雇用を減らしているかも 

[これでいいのか]
【2ch】ニュー速クオリティ:ざまあwwww失業を理由に生活保護を規制へwwwwwwwwww法改正m9(´`c_,'` )

こういう話題には、必ずといっていいほど
「正社員 → パートや派遣 → 外国人」という安い賃金に移行しているから働き口が減っていく
というような事が言われる。俺のまわりを見ていても実際その通りだと思う。じゃあどうすればよいのか。

逆説的に考えれば、外国人並の賃金でOKであれば働き口はあるということだ。本来2人でこなしたい仕事を賃金の高さ故に1人でこなさねばならないのだが、1人では長時間労働&割増賃金でますます割高になる。それよりだったら2人で1.5人前でも安い奴を2人雇った方がマシなのである。このジレンマを全く考えずに労働者の待遇ばかりを優先すると今のようになるわけだ。

自分で商売をやっている人間や生産者などの中には、時給換算すれば意味不明な最低賃金などをはるかに下回る人は非常に多いのではないかと思う。そういう人たちには補助金とか助成金とかこれもまた摩訶不思議な制度がたくさんあるが、いずれも「人なんて高くて雇えない」という大きな問題が根底にあるのは押して知るべきである。そして、働き口がないから生活保護を受ける。このサイクル、なにかおかしくないか?この負のスパイラルを断ち切るにはどうすればいいのだ?

俺は単純に最低賃金を大幅に引き下げてみるべきではないかと思う。それも出来れば年代別に基準を決め、若年層や年金をもらっている高年齢者などは大幅に引き下げ30〜50才あたりの本当にお金が必要な世代に金が回るようにすれば、少子化などの問題も解決するのではないかと思っている。

大体、経済活動で払える賃金分も儲かっていないのに「働いているんだから金だけはきちんとよこせ」みたいなのって、食べ物がないのに「俺にだけは十分に食い物をよこせ」と言っているようなもの。ある面では正しいけれどある面では自分で自分のクビを絞めているんだよな。余りに労働者ばかり保護すると金を払う大元の方が無くなってしまうことは忘れちゃいけない。

ま、最低賃金を下げると良からぬ経営者もたくさん出てくるだろうし、デフレが進んでますます経済がひどい状態になるかもしれん。それでも今の閉塞感を打開する一手にはなるような気がする。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 2011年02月10日 23:00:00



コメント

コメントはありません

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このエントリのTrackBack URL
http://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=3120
言及リンクが無い場合は掲載されません。

コメントする