Linuxからアホ話まで、何でもありでござる
| Next»

2017年02月18日

福岡県警の暴走族根絶ポスターがイケてる 

[つれづれなるままに]あとで読む
福岡県警が作成した暴走族根絶ポスター その内容が暴走族を馬鹿にして煽りまくってると話題に(笑)

いいねコレ。珍走団ね。ネーミングもなかなかだ。俺も、旧車會とかのバイクを見ると、バイクがカワイソーって思うことが多い。特に、旧車會で需要の高いCBX400Fには思い入れがあるので、あのマシンが原型を留めていないくらいにイジられていると、ものすごくテンションが下がる。CBX400Fにはずっとノーマルで乗っていたからなぁ。

旧車會のマシンを見ていると、ある意味「金持ちだなー」と羨ましく思うこともある。昔懐かしのマシンがそれなりにレストアされ動いているのだ。結構カネがかかっただろうに、なぜあんな姿にしてしまうのか。どノーマルに戻したら無茶苦茶格好いいように思うのは俺だけかなぁ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]
このエントリのTrackBack URL
http://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=4922

2017年02月17日

全社一丸とか 

[つれづれなるままに]あとで読む
仕事で結構耳にする言葉に「全社一丸となって」という、戯けた言葉がある。それを聞いた社員もウンウン頷いたりする。そんな様を見ていると、ここ潰れちゃうんじゃね?とか思う。

「全社一丸となって頑張りましょう。」

さて、この言葉で貴方は何をやれば良いのかわかるだろうか。「がんばろう」とか「一生懸命」といった言葉が好きな人は、かなりの確率で仕事の割り当てができない。仕事なのだから、指示されたことはやって当たり前である。それを「がんばってやりましょう」とか、バカすぎだよね。それに頷く社員もダメダメだ。

上にも書いたが、仕事なんだから、具体的な業務指示をしなければならない。業務範囲を決め、期日を決め、担当を決めて指示を出す。結果はやったかやらないかだけだ。うまく出来たかできなかったかの判断はその次である。まずはやったかどうかが最初の判断基準だ。「がんばろう」とか「一生懸命」を多用する人は、ほとんど具体的な指示ができない。だから自主性に任せたふりをして責任を回避する。具体的な指示を出さずにできればラッキー、出来なければ部下の責任とされる。まさに魔法の言葉である。

だから、頑張れとか言われたら、「具体的には何をやれば良いのですか?」と聞かなければならない。その次には「いつまでですか?」である。この問に答えが返ってこなかったら何もしなくていい。何もしないで「頑張ってます」と言っていればいいのである。「頑張り」を測る物差しは無いのだから、それでいいのだ。

注意すべきは、具体的な指示もないくせに、思った通りに進まないと「あいつはダメだ」とか言われてしまうことである。教えもせず、指示も出さず、「ダメなやつ」の烙印を押されてしまう。完全な責任逃れなのだが、それに同意をするやつがいるからタチが悪い。

ここで大なたを振るえるのは経営者だけだ。曖昧な言葉だけの中間管理職をきっちりと注意しなければならない。なぜなら、そんな中間管理職を置いたのは経営者だからだ。自分のケツは自分で拭くしかないのだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]
このエントリのTrackBack URL
http://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=4921

2017年02月15日

東芝の債務超過に思う 

[つれづれなるままに]あとで読む
ドキュメント東芝崩壊 「半導体売却」を決めた「血のバレンタイン」

東芝ほどの巨大企業になると、1億が1万円とかの感覚になるのかもしれん。俺が前いた会社の銀行用資料は単位が100万円であった。その会社は年商100億を超えていたのだけれど、単位を変えるだけでものすごくわかりやすくかつ見やすくなるのに驚いたものだ。逆に、小数点以下、つまり10万円単位は認知されなくなる。

東芝などは1億単位(100万円の100倍)で物事を見るだろうから、感覚的には数千万単位は端数でしかなくなっているかもしれん。だけれども、絶対額で数千億円の資産があるとすれば、それと同額程度までは借り入れしてもどうにかなると思ってしまっても不思議ではない。ましてや、経営者は他人の金でも自由に使える自分の金のような気になってしまいがちだ。

俺の知っている小さな会社でも、先月まであったキャッシュ1億が、売上の低迷と高売上時期の支払等であっという間になくなるのだという。ガタイがでかくなれば入ってくる金も出ていく金も莫大である。当然、経営者の権限も責任もそれに比例する。

東芝のような会社でも、一瞬で債務超過に陥る時代なのだなぁと恐ろしくなる。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]
このエントリのTrackBack URL
http://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=4919

2017年02月10日

おかしなメールが来た 

[つれづれなるままに]あとで読む
とりあえず迷惑メールに突っ込んだのがこのメール。



うーん、すごいねこれ。こういうレベルでもひっかかる奴がいるんだろうなぁ。

貼られているリンク先はlinein.meとかで、なんじゃこりゃぁって感じだ。

そもそも
お客様のLINEアカウントに異常ログインされたことがありました。お客様のアカウントの安全のために 、ウェブページで検証してお願いします。
って文章に違和感を覚えないひとは危ないよね。普通の日本人書いたなら
お客様のLINEアカウント異常ログインされた可能性があります。お客様のアカウントの安全のために 、ウェブページで検証してください
みたいになるはず。すらっと読んでしまった人はこういう怪しいメールに引っかかりやすいので注意すべし。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]
このエントリのTrackBack URL
http://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=4918

2017年02月08日

マスク依存だとか 

[つれづれなるままに]あとで読む
病気以外の理由でつける「マスク依存」 精神科医が警鐘

なにを今更。というか、最近マスクをしている人って減ってきたように思う。マスク着用者がやたら俺の目についたのは2011年頃だったように思う。多分、気になったのでこんなエントリを上げている。

マスクと匿名性

なぜか2年前も書いている。

公衆の面前でのマスク

これは俺が人前でマスクをしているのは失礼に当たると思っているからだ。家の中で帽子をかぶる。客先でコートを着たまま玄関に入る。これらと同じように、人前で顔を隠すな、みたいに言われて育ったからだ。本当に教育というかしつけは大人になっても体に染み付いてしまうものなのだなぁと改めて思う。

だから反日教育を・・・馬鹿らしいのでやめとこ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]
このエントリのTrackBack URL
http://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=4916

2017年02月07日

頭の毛だけでこんなにバカっぽく見える 

[つれづれなるままに]あとで読む
先日書いたやつの続き。

先日も、髪の毛ピョーンがムカつくのは、
髪がはねてカワイイだろ?という押し付けがましい感じがとにかく気持ち悪い。変に顔を崩したりしてウケを狙う馬鹿らしい手法と同じにしか思えないのである。
と書いた。とにかく魂胆がミエミエでいやらしく感じる。なぜそういうかというと、真面目なキャラとかには使わない手法だからだ。

例えばデスラー。デスラーはこう描かれている。



うむ、凛々しくハンサムだな。これに髪の毛ピョーンを加えるとこうなる。



一気にバカっぽくなるのがわかる。これも、こういう描き方を好む輩が存在するからだんだろうな。ほんとキモい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]
このエントリのTrackBack URL
http://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=4915

2017年02月02日

見ていてイラッとするアニメ 

[つれづれなるままに]あとで読む
前回に引き続き「イラッとする」シリーズのアニメ版。

最近Huluで宇宙戦艦ヤマト2199を見ている。最初にTVで放映された宇宙戦艦ヤマトはすでに記憶が薄れているが、その薄れた記憶から見ても「結構忠実に作っているなぁ」とか思う。

宇宙戦艦ヤマトが初めてTVで放映されたのは1974年、今から43年も前の話である。放映された当初は全く話題にも登らず、小学校で「宇宙戦艦ヤマト見た?」といっても「なにそれ?」と言われるのがオチだった。それが地球滅亡の日が近づくにつれ人気もうなぎのぼり。一大ブームを巻き起こして映画も何作も作られた。

宇宙戦艦ヤマト2199では、初代の主題歌や各場面でのテーマ音楽なども同じものが使われており、一作目のファンにとってはハートをくすぐられてしまうところがある。

しかし、しかしである。どうしても許せないのがこれだ。


これは何だ?角なのか?これでカッコイイとかカワイイとか思ってるのか?こんなの頭についていたら、動くたび気になってしょうがないだろう。これでキャラが超バカっぽく見えてしまう。寝癖で髪の毛が乱れているとカワイイとかそういう話ではない。髪がはねてカワイイだろ?という押し付けがましい感じがとにかく気持ち悪い。変に顔を崩したりしてウケを狙う馬鹿らしい手法と同じにしか思えないのである。

俺の中では、これでこのアニメの価値観がものすごく下がったのだけは確かだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:22:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]
このエントリのTrackBack URL
http://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=4914

2017年02月01日

見ていてイラッとする時代劇マンガ 

[つれづれなるままに]あとで読む
どれとは言わないけれど、猫耳に見えるようなもので髪をとめている侍とか、第一次世界大戦後にやっとメジャーになった紙巻たばこを加えているとか、あの頃では難しいであろう加工が施されたメガネとか、もうね、なんつーかね。

あと、「これ、どう見てもピアスだよね」とか、こういうのをなんとも思わず読める人たちがよくわからん。

そういえば、先日見たアメリカのTVドラマ「ベイツ・モーテル」の予告編で、ノーマンがステレオタイプのイヤホンらしきものをしているシーンがあって驚いた。あの時代そんなのあるわけ無いじゃん。宇宙空間で音を出して飛んでいく宇宙船とかもおどろ木ももの木さんしょの木だけれど、いくらなんでもそりゃ無いよねというのだけは勘弁して欲しい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:11:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]
このエントリのTrackBack URL
http://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=4913

2017年01月31日

有給休暇は理由なしに休んでいいのは意外に知られていないかも 

[つれづれなるままに]あとで読む
有給休暇は理由なしに休んでいいんだよ、MyNaviさん

この記事の元ネタとなったMyNaviの「意味わかんない!「社会人としてありえない」有休取得の理由7つ!」という記事は、
2017年1月30日
2017年1月25日および2017年1月27日に掲載した「有給休暇」「生理休暇」についての記事に関して、法的趣旨を誤解させる表現がございました。内容が不適切と判断し、該当記事を削除させていただきました。読者の皆様に深くお詫び申し上げます。
ということで、すでに削除されている(魚拓はこちら)。削除される前にとりあえず読んだのだが、MyNaviにかかれていた7つの理由は、1)寝坊したから、(2)二日酔いがヒドいから、(3)やる気が出ないから、(4)彼氏と大ゲンカしたから、振られたから、(5)体が痛いから、(6)天気が悪いから の6つ。なぜ理由7つ!と書いておきながら6つしか無いのか説明が欲しいよな。

という冗談はさておき、有休の理由って「私事」で十分だよね。それ以上ツッコむから面倒が起きる。ただ、その日の朝に「休みまーす」ってのも少々いいかげんだなーという感情は残るし、本当に大事な仕事がある場合などは会社は申請を拒否できるのも事実。それでも理由なんて問わないのは人事総務関係に携わっている人なら常識だろう。それが認知されていないのは、単に会社がそういう風土だから。そういう会社はブラックの資質を十分に持っているから、注意したほうがよい。有給取得を踏み絵に使うのは、会社の体質を推し量る良い手段だよね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]
このエントリのTrackBack URL
http://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=4912

2017年01月26日

トランプと小泉が重なって見える 

[つれづれなるままに]あとで読む
先日、やっとトランプ大統領の就任演(日本語訳全文)を読んだ。

すごく普通のことを話しているよね。で、感じたのが、「トランプはわかりやすい見せかけの敵を作りつつ、実は国内の既得権(ワシントン)をぶっ壊す!と言ってるんだよね」ってこと。これはまさに小泉元首相の「自民党をぶっ壊す!」とおんなじじゃん。体裁を整えてコツコツと既得権を構築してきたワシントンなどの大都市圏に対する不満が、表面には現れないがかなりくすぶっていたんだろうね。

最近のトランプがらみでのアメリカの反応を見ていて、アメリカに対する印象が大きく変わってきた人も多いんじゃないかと思う。今まで伝わってきたアメリカは、ワシントンを代表とする大都市アメリカでしかなかった。だけど、どうもそれはアメリカの一面でしかなく、大都市と地方の格差が日本以上に大きい国なんじゃないかと。日本はど田舎にいってもかなりのインフラが整備されている。そもそも国土が狭いので、100Kmも走れば必ずそれなりの街にたどり着く。この日本の「ものすごい近いところに田舎がある」のが、外人にとって面白いんじゃなかろうか。逆にアメリカは、本当に田舎は田舎なんじゃないかと。もしかしたら、日本人がイメージしている北朝鮮や中国の都市部と田舎の格差に近いものがアメリカにもあるんじゃないかと最近思い始めたのだ。

そう考えると、トランプが一定の支持を受けるのもわかるような気がする。そして、トランプを支持している人は日本のサラリーマンのように、不満はあるがなかなか口に出せない人が多いのではなかろうか。

日本でも、生産年齢でありながら年収300万円以下の人たちに光を当てる政策打ち出す政治家が現れたら、何かが起こるかもしれんよ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]
このエントリのTrackBack URL
http://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=4909

2017年01月25日

韓国には淡々と対応すべし 

[つれづれなるままに]あとで読む
慰安婦像問題 韓国感情に合わせず冷静に ブロガー・投資家 山本一郎

まさにこの通り。韓国相手になると、なぜか国民感情とかを考慮しすぎるのはなぜなのだろう。俺は韓国の肩を持ちたがる人が多いせいだと思っているのだが、どうか。それだけでなく、日本人は「韓国人は甘くすればつけあがる」と思っているフシがあり、なにかあれば「だから○○人は・・・」みたいな話になりやすい。

こういう厄介な相手には、「ネット上で発言する際の注意点 | 炎上しないために」というような対応が参考になるように思う。簡単にいってしまえば、相手にするからダメなんだよね。スルーだよスルー。あまりに目に余ったら日本にいる韓国人は国に帰ってもらえばいいだけなんだから。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]
このエントリのTrackBack URL
http://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=4908

2017年01月24日

死霊のはらわたリターンズがおもしろすぎる 

[つれづれなるままに]あとで読む
最近Hulu「死霊のはらわた リターンズ」を見始めたのだが、死霊のはらわたってこんなやつだったっけ?

死霊のはらわたは過激なスプラッターで有名だし何度も見ている。だが、死霊のはらわた2はDVDもあるのだけれど今ひとつ記憶がない。ということで再度「死霊のはらわた2」も見てみた。

うん。思い出したよ。ちょっとコメディ要素が多くて嫌いだったんだよ「死霊のはらわた2」。DVDはやすかったからコレクションとして所有しただけだったのも思い出した。だけど、今見ると抜群に面白い。ついでにいうと、FPS大好きな俺には、どうしてもAshとサムが重なって見えてしまう。つか、サムのモデルってAshじゃないの?



死霊のはらわた リターンズを見てると、ものすごくシリアスサムがやりたくなるんだけど・・・

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]
このエントリのTrackBack URL
http://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=4907

2017年01月22日

本社vs現場の構造もこれに近い場合が多い 

[つれづれなるままに]あとで読む
なぜプログラマはあなたの事が嫌いなのか - megamouthの葬列

これ、プログラマだけじゃなくて、現場を預かる人間と現場から遠い本社とかの人間の関係によく似ている。

現場を知らない人間は、ちょっとした思いつきを簡単に口にする。中には参考になる意見もあるが、その殆どは「それってあなただけの好みだよね」みたいなものが多い。それだけでなく、そのリクエストに答えるのには結構な手間がかかったりする。

俺の友人の会社で、本社の人間が「お客さまの車の雪下ろしとか手伝ったらいいんじゃね?」とか言ったそうだ。確かに雪が降った日は、お客さまの雪下ろしなどを手伝ってあげれば最高だ。それはよく分かる。だけど問題は、それを誰がやるのかってことだ。友人の会社では、その時間雪下ろしを手伝ってあげられるような時間に余裕のある社員はいない。かと言って、いつ降るかわからん雪のために社員の増員もムダな話だ。そもそも雪下ろしをしてやったら?という意見は、自分がやってもらったら嬉しいからである。自分の車に触ってほしくない人だっているし、手伝ってもらうことで恐縮する人だっている。逆に、手伝ってもらって当たり前みたいな人もいる。本社の連中は現場のオペレーションが全くわからないのでこういうことが平気で言える。

アマチュアからアドバイスをもらってはいけない。改善したいならプロのアドバイス以外は聞いてはいけないのである。素人の意見は、あくまで参考する程度に留めるべきだ。素人は決して神様じゃないのだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:01:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]
このエントリのTrackBack URL
http://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=4906

2017年01月21日

主よ なぜあなたは黙ったままなのですか 

[つれづれなるままに]あとで読む
簡単です。それは主など存在しないからです。

と、沈黙の予告編を見ながら思った。神様とかを信じられるってすごいよね。俺には全く理解できないもの。全知全能とか、絶対神とかありえんだろ。

存在自体が不明なものを勝手に奉り教えにした上に、その教えを盲信しかつ他を否定するとか、モンペとかモンスタークレーマーとかの精神構造に極めて近いんじゃなかろうか。信じるものは救われるかもしれんが、信じないものにちょっかい出すのはヤメようよ。って、俺は誰に言っているのだ?

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]
このエントリのTrackBack URL
http://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=4905

2017年01月18日

善意による正義の代弁が一番厄介だ 

[つれづれなるままに]あとで読む
誰も何も言わないのだけれど、今までアメリカ大統領は4人暗殺されている。縁起でもない話かもしれんが、今のところトランプがアメリカを二分する大統領なのは間違いのないところ。報道とかを見ていると、どちらかと言えば支持しないとかでなく、拒否とか拒絶に近いように見える。つまり半分以上は敵なわけで、その中には危険な思想の持ち主がいないとは限らない。

確かにトランプ氏は言葉は乱暴だし品性も欠けるように見えなくもない。だが、俺はトランプを異常に嫌っている人たちこそイケスカナイ。金持ちや地位のある人間は多少締め付けがきつくなっても問題ないだろ?と言いたい。こういうイケスカナイ感じの人が、日本でもどんどん増えているように思う。自分の考えが正しいと信じ込み、押し付けてくる人たちだ。

もっと人間は距離を置くべきだと思うし、多様性も認めるべきだと思う。多少気分が悪いような事があっても、昔は情報が伝わりにくかったため知らないで済んだ。それが逆にある意味安定につながっていた部分もあるはずだ。「いいことだからみんなやるべき」という、善意の押しつけは極めて気持ち悪く、軋轢を生む原因になっている。その善意や正義感は反論しにくく、反論したら最後、魔女狩りのようなことをされかねない。そもそも「トランプハンターイ」としているアメリカ人は、直接的になにか不利益を被るのだろうか。俺にはそうは見えない。

以前、とあることでクレーム対応窓口になった事がある。厳しいクレームを付けてくる人は殆ど当事者ではなく、正義の味方気取りの人が多かった。当事者はじつはそんなに気にしていなかったりするのである。世の中そんなもんだと思う。善意による正義の代弁、それが一番厄介だ。このあたりは一部の熱心な新興宗教信者にも言えるのではなかろうか。疑問も感じずに信じきれるのは単なる脳天気なような気がするのだが・・・

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]
このエントリのTrackBack URL
http://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=4902
| Next»